ホーランエンヤ 🌊

「あいる松江」がある松江市は水の都と言われています。

日本の夕陽百選にも選定された宍道湖や国宝松江城があり、城下町ならではの

たたずまいが残る情緒ある街です。

そんな松江には、10年に1度開催される日本三大船神事の1つ

『 ホーランエンヤ 』があります。

あいるの子供たちは、以前に日本最大級とも言われる船神事を学ぶため

「ホーランエンヤ伝承館」へ行きました。

「ホーランエンヤ伝承館」には祭りのパネルや衣装など資料がたくさんありました

   真剣に見て回る子供たち     映像を見たりイメージがふくらみます

 実物の船に乗って大はしゃぎする子供たち、展示なので陸上ですが (*‘∀‘)

 

しっかりと学んで、この度ついに10年に1度の『 ホーランエンヤ 』に行って

きました。5大地から100隻もの船団が大橋川を勇壮に進んで行きます。

5月18日(土)渡御祭の日    大橋川は一目見ようと黒山の人だかり

櫂伝馬船上では櫂伝馬踊りが披露されます ホーラン♪ エンヤ♪ の掛け声で櫂掻き

 自然と拍手が沸き起こります      子供たちも一緒に拍手

 

「おじいちゃんが乗ってるかも」「えーっ」「何地区?」「馬潟の船」「どこ?」

と言いながら必死で探すも見つけることができず、残念

でも、気持ちはきっと届いてるよ(*^-^*)

「次に見れるのは10年後、みんな何歳の時かな~?」

「俺、20歳だし」「私は、19歳」「すごかったね~」

「いつからやってたっけ?」「370年前だったかな...」

「何で始まったの?」etc…

気持ちが高揚し、お話しが止まりませんでした。

 

by あいる松江